法律相談の予約の際、「何を持っていけばいいですか」というご質問をいただきます。初めての法律相談に不安を感じる方もいらっしゃると思います。的確なアドバイスを受けられるように、ご準備いただきたい事をまとめてみました。

1 本人が相談

 できるだけご本人が相談にお越しください。

ご家族が相談にいらっしゃることがありますが、詳細な事までわからないと、一般論としてのお答えしかできない場合があります。弁護士から、的確なアドバイスを受けるためには、できるだけご本人がいらっしゃることをお勧めします。

2 関係のある書類、資料はすべて持参

 相談内容によって書類は変わりますが、関係のありそうな書類や資料は、すべて、相談時にお持ちください。重要な書類を持ってこなかったばかりに、再度相談となりかねません。

関係のある書類、資料については、福島県弁護士会公式ホームページの「相談内容」を参考になさってください。

3 事実を話す

弁護士には守秘義務があります。相談者ご本人にとって不利となること、恥ずかしいことでも、隠さずにお話しください。ささいな事と思っていても、弁護士から見れば重要なこともありますので、事実をありのまま、お話しください。

4 時系列に話をする

 事実を事実を時間順に書いたメモを作成しておくと便利です。相談する時、緊張して、うまく話せない、という方もいらっしゃいます。

 相談の場で、前後の脈絡もなく話があちこちになってしまうと、弁護士が話の内容を把握するのに時間がかかってしまいます。

 ぜひ、出来事を時間順に書いたメモを作成され、メモをもとに相談されるとスムーズにいきます。

                                 渡邊真也法律事務所事務局