三春町には、滝桜という樹齢千年以上ともいわれている枝垂桜の巨木があります。今年は例年になく早い開花で4月3日には満開となりました。

 暖かい日差しの中、満開の枝が地面につくほど垂れ下がり、優美な姿を見せてくれました。これまで幾度となく見てきた桜ですが、東日本大震災の年に見た滝桜は忘れられません。千年もの間、災害や風雪に耐えて、人知れず花を咲かせてきたのかと思うと、不思議と力が湧いて滝桜に励まされたような気持ちになったことを今でも覚えています。

 きっと皆さまの心の中にも、思い出の桜の風景があると思います。

 今年はコロナの影響でお花見を取りやめたという方もいらっしゃるかもしれません。どうか来年こそは、笑顔でお花見ができますように。                                           事務局S

滝  桜